FC2ブログ

美容皮膚科医、エステティシャンが注目しているヒト幹細胞×バイオセルロース。ビオプリマ

どんな美容法も、どんなに実感が高い美容グッズ(コスメやサプリを含む)も、栄養素補給やメンタルコントロール、質の良い睡眠がとれているからこその効果といえます。

誰かに嫉妬ばかりしていて常によくない感情を抱えていたり、身近な誰かによって苦しめられていたり悩まされていたり・・
なかなか眠れなかったりしていると・・・
どれだけよいものを使ってケアしても、間に合わなくなります。

私は寝る時間がとれなくてもあまり肌には響かないほうですけど。。。(今のところ)
ストレスだけはダメ。
過酷な環境にいるだけで、どんなケアをしても※パーになる。
※ 台無しという意味です。


今って本当に人が悪くなりましたね。
10年前と比べてしまうと、驚くほど個々の人間性が低下しました。
常に自分より下の人間を探し虐げようとする人が増えました。
そういう現場を目撃することも普通にありますし。
自分がされて嫌なことは人にはしない、というのは幻想(建前)で、されたことを必ず他の人にする。
それが人間ですね。(いや、日本人特有の)
愚かですがそれが現実です。
2015年の国際調査で、「職場の同僚の関係は良い」と思っている人の割合は、日本が世界で最下位だったのだそうです。
しかもこの10年で大幅に悪化しているとか。
やっぱりね。

こんなことを書くと、おまえは何人だ、と言われそうですが、自分も含め陰湿な気質の・・・です。

そんなわけで、1人でいたり家族やペットといる時はとても幸福感を感じる私ですが、他の誰か、と関わると、とたんに嫌な思いをすることが普通にあります。
日本人は集団の中で生じる僅かな差にも敏感で、多数派に属さない者を排除しようと、陰湿な行動をとる傾向があると言います。

この人何か違う、感性が違う、そして、ちょっと若い、というだけでも攻撃対象にされることも多いのが現実です。
今はもうだいぶ開き直りましたが迫害されているようだと感じていた頃もあります。
まぁ今もかな。
ちらっとまえに書きましたけど、職場の若いおんにゃの子達が4人で怒鳴り込んできたこともありますの。
頭いかれているかと思いましたね、ほんとに。
ばばー相手に何やってんだっていうね。

ぶっちゃけてしまえば、※1日1回は見ず知らずの人に敵意を向けられます。
統失ではないんだよね、私。
(だからあまり若く見られてもいいことないと思うよ。ほどほどがいいのよ)

まぁそういうわけで。

環境があまりに悪い時は、同じケアをしていても一気に顏が垂れてきます。
そんな時に頼ったのがレイのRFだったわけです。
今思えば、しなきゃいけなかったのはRFに頼ることではなくて、そんな環境から逃げることでした。
だって、それまでは今までのケアで肌の調子がよかったのだから。

前置きはこのへんにして。

やっぱり・・・「ヒト幹細胞」はすごいです。
下のほうの記事で、睡眠時パニック症について書きましたけど。。。
今年は夏ごろにまぁかなり苦しみまして(体が)、2か月半ほどまともに寝れなかったんですね。私。

がですよ。

この幹細胞をケアにプラスしてからというもの。
寝れなくても、心を病んだとしても、老化をひどく感じたり顏が垂れてきたりしてこなかったんですよ。
2か月半もの間ずっと。

こんなことって今までなかったもんだから、やっぱり違うわと。

これこれっ↓
美容皮膚科医、エステティシャンが注目しているヒト幹細胞×バイオセルロース。
ビオプリマ

1か月分のビオプリマ様

ヒト幹細胞だけでなく、高保水力のバイオセルロースマスク、3種のペプチド含む6種の保湿成分、7種の美容天然成分というのがポイントです。

実際使ってみると、潤いと強いハリ感が嬉しすぎるんですが、なんといっても睡眠不足&メンタル崩壊に肌が耐えられるようになったのには驚きでしかないですね。
2か月半まともに寝てなくて肌が垂れてこないってありえます?
なんならRFよりずっと実感高いですよこれ。
しかもその場しのぎでもなく、表皮もダメージを受けません。

説明はおさらいで↓

ヒト幹細胞×バイオセルロース。
3種のペプチド含む6種の保湿成分7種の天然美容成分を贅沢に配合。

アセチルデカペプチド
オリゴペプチド
ヒアルロン酸ジメチルシラノール
加水分解コラーゲン
加水分解エラスチン
カンゾウ根エキス
イタドリ根エキス
茶葉エキス
ローズマリー葉エキス
ツボクサエキス
オウゴン根エキス
カミレツ花エキス

そして、成分もいい。

バイオセルロース

こちらは、バイオセルロースマスクが使われています。
バイオセルロースとは、植物由来の原料に酢酸菌の一種であるナタ菌を植え付け、培養発酵することにより作られたナノ繊維シートです。
2~100ナノレベルのキメ細かい繊維から構成されたシートで、美容液の携帯性、水分保持性、気密性に優れ、美容成分の肌への浸透を助ける新素材です。

ナタデココのようなぷるぷるフェイスシートです↓


ナノ繊維シート

ナタデココのような、シリコンのような質感。

バイオセルロースマスクにはメッシュがついているので、それを剥がして顔に乗せます。


バイオセルロースマスク


これが高保水力のバイオセルロースマスク↓

ナタデココみたい

ほんとナタデココそのもののような質感で、食べれてしまうんじゃないかと思うほど。


〇 最先端の医療現場で注目される、ヒト幹細胞の力
ヒト幹細胞とは、「ヒト細胞由来幹細胞」の略称です。
幹細胞には主に植物由来、動物由来、ヒト由来のものがありますが、そのなかでもビオプリマに含まれている「ヒト細胞由来幹細胞」にはエイジングケアに効果的な成長因子などがたくさん含まれています。
優れた生理的活性効果を持ち、皮膚老化と損傷防止
また皮膚組織の再生を促進する高機能性生物素材です。

〇 肌細胞のメカニズム
表皮と真皮の境には表皮幹細胞があり、この表皮幹細胞が表皮細胞を作り出し、ターンオーバーの源になっています。
そしてこの真皮層にある繊維芽細胞がコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を作り出しています。

肌細胞のメカニズム

ヒト細胞は、美容分野で大いに期待されています。

〇 高保水力、密着性を誇るバイオセルロースマスク
皮膚のような滑らかな肌触りと他のマスクでは味わえないフィット感。

〇 3種のペプチド含む6種の保湿成分、7種の美容天然成分を贅沢に配合。
潤いとハリが同居する、うっとりするほどの肌へ。
肌のキメを整える美容成分がビオプリマにはたっぷり配合されています。


さっそくこちらを使ってみると。。。
ナタデココのような独特な質感で、肌にぴたっと密着するのがおもしろい。
美容液もたっぷりで、少しこぼれ落ちてしまうことも。

こちらで15~20分パックします。
マスクをはがしたら、肌に残った美容液を手で十分になじませ、普段のお手入れで仕上げます。


マスク後のナタデココさん↓

ナタデココ

。。。このナタデココに貼りついているメッシュにも美容液はついているので、メッシュをはがしたら首などにあますことなくのばします。
使用後のナタデココもそのまま捨てるなんてそんなもったいないことはしませんで。。
首、デコルテ、腕、足、手と。
含まれている美容液がなくなるまで全身に伸ばしていきます。

これでしなやかな美しい質感が蘇り、全身ぴっかぴかよ

そして、以前にも書いたんだけど、
パッケージにもヒト幹細胞入りの美容液が残っていますので、あえてこの日は使わずとっておいて。。。
翌日の美容液として使います。
こうすると、パック後の肌の状態を長時間維持できるわけよ~

こんなことができたのって、これだけよ!!
どんなにいいものでも、私のストレスに勝てるものは存在してなかったわけだけど、ようやく現れた。
時代は幹細胞ね。


合界は水添レシチンのみ微量配合で安全に使用できます。
合ポリなし。

香りはダマスクバラ花水の甘いいい香りがぶわ~~~っと広がります 


ヒト幹細胞と、高保水力のバイオセルロースマスク、それから3種のペプチド含む6種の保湿成分、7種の美容天然成分の配合バランス。

医療業界で使われているヒト幹細胞溶液


こちら、1週間に1度2度のスペシャルケア用です♪
公式限定初回1980円(+税、送料)
※ いつでも休止・解約が可能です。
話題のヒト幹細胞がたっぷりつまった「ヒト幹細胞×バイオセルロース」のフェイスマスク。
ビオプリマ

美容医療よりもリスクがほぼないビオプリマ。
肌質アップ、潤い、顔全体の若返り、お疲れ顏にはビオプリマ。
ヒト幹細胞エキスはシーコラプラチナム(炭酸ジェル)にも配合されていますヨ。

以前にも書きましたが、
紫外線によるたるみ(肌の一部分が伸びてヒダになっている状態)には炭酸ジェルのほうが効きます。
よぶんな皮切りには炭酸ジェル、顔全体の若返りにはビオプリマ。
そんな感じ。


ではまたね



最近は※1日1回ではなくなりました。
(上記の件)
週1くらいかな。
髪の毛を1段階明るく染め、けっこう明るめのブラウンになったので。
結局まともな事をやっていてもダメなので、毒には毒をで、
自分が相手にとって「やべー奴」、になってしまえば関わってはきませんね。
虐められている人がいるとしたら、てっとり早いのは髪を染めてしまえばいいのよ。
大学生や染められる環境にいる人はね。
で、しっかり勉強はしておけばいい。
ある程度の地位を手にしたら本来の自分の姿に戻ればよい。
ちょっとおっかないわ、と思ってもらえれば、敵意さえも向けてこないわよ。
結局見た目よ。


いじめられっこは全員金髪にせよ!
(相当悩んだらそうしてみるのも1つの手よ)
関連記事

0 Comments

Leave a comment