FC2ブログ

シャンプージプシー。カチオンフリーって?

私の体の中で一番肌が弱い部分・・・
それは頭皮です。

今まで使ってきたシャンプーはほぼ、痒みが出て使えなくなりました。

最初はいいの、しばらくは。
1週間2週間と使うと、痒くなり使えなくなることが多い。

ハーブガーデンもよかったし、the MILLSやミューラグジャスもよかったんですが。。
気にいって使っていると成分リニューアルで使えなくなる、、
そんなことが多いなぁ。
the MILLSはリニューアルで痒くなり、ミューラグジャスもココナッツが配合されてからダメになりました
(ココナッツは精製されていないと使えません)

そして先日ご紹介したこちら♪
もう2か月もたっていたんだね!




いち髪

毛先まで潤いまとまる

使う成分にこだわり抜いた天然由来成分90%以上使用※
外部ストレス*1に敏感な地肌や髪も、いたわりながらケア
※水を含む
*1 乾燥や摩擦

・厳選 和草エキス(補修・保湿成分)配合
米ぬか、ツバキ、ゆず

傷んだ髪にうるおいを与え、髪の芯まで艶めく健やかな状態に整えます。
100%天然由来香料使用 みずみずしいシトラスフローラルの香り

◆合成着色料フリー
◆サルフェートフリー(硫酸系界面活性剤不使用)
◆敏感肌の方のご協力によるパッチテスト済み*
*すべての方に皮フ刺激が起こらないということではありません

◎いち髪 Natural Care Select モイストシャンプー
ノンシリコン
◆アミノ酸系洗浄成分*2使用
*2 ラウロイルメチルアラニンNa

◎いち髪 Natural Care Select モイストトリートメント
ダメージケアトリートメント
・リペアナチュラルオイル(補修・ツヤ成分)配合
米ぬかオイル、あんずオイル




こちらはシトラス系の香りで、前回も書いたんですけど好みの別れる香りです。
私は嫌いではなく、嫌な香りとは思ったこともないです♪

香りだけなら緑のポンプのハーバルグリーンの香り↓(さらさら軽やかな指通りへ)のほうが、素直にいい香り♪と言えるかも。




そして前回、洗い上がりは指がするする通ってきしみにくい。
適度にツヤ、適度にふんわり仕上がりこの価格であれば上出来です♡
とレビューしたんですが。。。

これ、長く使うほど髪がぴかぴかになってつやっつや。
私の髪の毛こんなにキレイだったんだ~
この年で!?
と感動するくらい綺麗になりました♪


が・・・・
2か月程経過したある日、突然痒みに襲われるようになり・・・
デキモノができ、そこから汁が出るようにもなり、ついには使えなくなってしまいました・・。
続けて使うことでアレルギーが出たかな・・。

という事で、またまたこちらも使えなくなり、とうとうアミノ酸系もダメになったかなぁ・・・
と思ったんですが、それでもあきらめがつかず、成分を見なおすことにしました。

石鹸シャンプーも成分によっては使えないものもあるんですけど、とりあえずは問題なく使えます。
ただ、あの髪の毛の汚さにはもう戻れない、、、
パサパサ、もたつき、それから「埃沢山含んじゃってるよ?」
という美容師さんからの指摘も・・・。

という事で、しばらく「ノンカチオン」にこだわって使ってみようと思います♪

合界には種類があり、アニオン界面活性剤、カチオン界面活性剤、ノニオン界面活性剤、両性界面活性剤があり、化粧品には刺激や毒性の低いノニオン界面活性剤や両性界面活性剤が使われます。

そして、シャンプーなどに洗浄力が強いアニオンやカチオンが使われているのですが、それがお肌が弱い人には刺激になることがあるんです。

なので、何を使っても痒くなる、できものができる、という人は、界面活性剤の種類にこだわって選んでみては?
という事です♪

私は、ノンカチオン、というより、刺激が少ない両性&ノニオン界面活性剤のものを選んでみてどうなるか?
ですよね。
これで問題なく使えれば、アニオンやカチオン界面活性剤が刺激になって痒くなったりデキモノができていた、と分かります。
どうでしょうね??

さて、ノンカチオンといえば、これです。
・レヴール ゼロ スカルプ シリコーンフリー シャンプー<本体>460ml

  

とりあえず安全に使えるか実験なので、お手頃価格なものから始めようと思います。

レヴールゼロ

トライアルで全種類試してみたんですが、一番しっくりきた頭皮ケアのピンク、スカルプにしてみました。

〇・レヴール ゼロ スカルプ シリコーンフリー シャンプー
頭皮のコンディションを整える厳選された成分を配合。
美髪を育むために必要な、健やかで美しい頭皮環境へと導きます。
●石油系0
シリコーンフリー
●アミノ酸

<配合成分>
水、コカミドプロピルベタイン、(カプリリル/カプリル)グルコシド、コカミドメチルMEA、ココイルグルタミン酸TEA、ラウリルヒドロキシスルタイン、ココイルメチルタウリンNa、テトラオレイン酸ソルベス-40、ココイルグルタミン酸K、塩化Na、ラウリン酸PG、ポリクオタニウム-10、ココイルグルタミン酸Na、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、クエン酸、EDTA-2Na、BG、サッカロミセス/コメ発酵液、カラメル、クエン酸Na、オレンジ油、ラベンダー油、レモン果皮油、ハッカ油、エタノール、シクロヘキサン-1,4-ジカルボン酸ビスエトキシジグリコール、クインスシードエキス、ビフィズス菌培養溶解質、3-ヘキセノール、DPG、レシチン、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、ローヤルゼリー、PVP、フラーレン、ホウライシダ葉エキス、リモニウムゲルベリエキス、乳酸桿菌/ハス種子発酵液、セルロースガム、ポリビニルアルコール、硫酸Al、キサンタンガム、香料、フェノキシエタノール、メチルパラベン

私はシリコーンフリーにはこだわっていないので、それはどちらでもいいんですが。。
主要洗浄剤として両性&ノニオン系が使われており、アミノ酸系のアニオン界面活性剤も2つ配合されているようです。

肌に刺激が少ないやさしいシャンプーとなっています♪

香りはオリエンタルフルーティーの香りで、とっても好きな香り♡
泡立ちも悪くなく、今のところ痒みも出ずいい感じ
(トライアルも使っているので1週間以上経過しています)

が、ですよ。

こちらね、シャンプーはいいんですヨシャンプーは。

この同シリーズのトリートメントがいただけない

〇・レヴール ゼロ スカルプ カチオンフリー トリートメント
頭皮のコンディションを整える厳選された成分を配合。
美髪を育むために必要な、健やかで美しい頭皮環境へと導きます。
カチオン界面活性剤フリー
●アミノ酸

<配合成分>
水、セタノール、イソペンチルジオール、セテアリルアルコール、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリルアルコール、パルミチン酸エチルヘキシル、セテアリルグルコシド(小麦)、アラキルアルコール、香料、ステアレス-20、ホホバ種子油、テトラ(ヒドロキシステアリン酸/イソステアリン酸)ジペンタエリスリチル、ステアリン酸PEG-45、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ヒドロキシエチルセルロース、アラキルグルコシド(小麦)、メントール、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、EDTA-2Na、BG、クエン酸Na、サッカロミセス/コメ発酵液、オレンジ油、乳酸、ラベンダー油、ハッカ油、レモン果皮油、エタノール、アルキル(C12,14)オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCl、ビフィズス菌培養溶解質、クインスシードエキス、3-ヘキセノール、乳酸桿菌/ダイコン根発酵液、DPG、レシチン、乳酸桿菌/ハス種子発酵液、PVP、キサンタンガム、ローヤル硫酸Al、フラーレン、ホウライシダ葉エキス、ポリビニルアルコール、塩化Na、フェノキシエタノールゼリー、セルロースガム、リモニウムゲルベリエキス、メチルパラベン

カチオンフリーですが、ノンシリコンではないです。
カチオン入れない変わりにシリコン入れたのか!とつっこまれそうな成分内容で・・

私はシリコンフリーにはこだわらないのでそれは問題ではないんですが、こちらでトリートメントすると・・・
ぎっしぎしのパッサパサの大・爆・発
くしを通すのも一苦労。
未だかつてこんなトリートメントに出会ったことはないです、、
。。。いつも通りトリートメントスプレーをし、ヘアアイロンで巻いてその後オイルをつけてなんとか外出できるレベルまでもっていきますが。。
こうするとサラサラにはなるんですけど、なんというか髪の質感がみるからにキシキシなの~~
これはマズイですね・・。
大人の女性に必要なのは清潔感でしょう?
これはいかんです。
「使っていくうちに改善した」というレビューも見たんですが、いやいやこれは我慢できるレベルではないんじゃないかなぁ??
石鹸シャンプーでもここまでひどくはならないと思うけど??

で、2日耐えてやめました。
(5日でした)

シャンプーはいいのでそのまま使うとして、邪道ですが、トリートメントはいち髪モイストを使ってみると・・・

一気に髪質が変わり、いつもの適度にハリがありつやっつや~~~~の綺麗な髪に蘇りました
求めていたのはこれよ~!!!と。

ちなみに、いち髪 ナチュラルケアセレクトモイストトリートメントの成分を見ていくと。。
☆成分
水、ステアリルアルコール、ジメチコン、ベヘナミドプロピルジメチルアミン、ソルビトール、コメヌカエキス、ツバキ種子エキス、ユズ果実エキス、コメヌカ油、アンズ核油、グリコシルトレハロース、ベヘニルPGトリモニウムクロリド、乳酸、セバシン酸ジエチル、パラフィン、ビスジグリセリルポリアシルアジペート-2、加水分解水添デンプン、ベヘニルアルコール、アモジメチコン、ヒドロキシエチルセルロース、エタノール、フェニルトリメチコン、(ビスイソブチルPEG-14/アモジメチコン)コポリマー、ラウレス-4、ラウレス-23、BG、ステアリン酸PEG-55、トコフェロール、PG、ステアルトリモニウムクロリド、クエン酸、フェノキシエタノール、安息香酸Na、メチルパラベン、香料、カラメル

カチオン界面活性剤が2つ配合されています。
(赤文字)
植物エキスの配合量が1%以下と言われていますので、カチオン配合量は1%以下ということで微量になるんですが、ここまでヘアーは変わるんですね。。
カチオン自体が艶出し成分とも書かれていましたので、トリートメントまでカチオンフリーにこだわるとなると、仕上がりは悲惨なことになりそうです。


うーん・・・
これはトリートメントを改良しないと生産中止も時間の問題になりそうな・・・。
シャンプーはいいんだからどうにかして改良してもらいたいところです、、

シャンプーはカオチンフリー、ノンシリコン。
トリートメントは、カオチン微量、ノンシリコンでいったらどうなの~??

とりあえず私はレヴールゼロトリートメントは使おうと思えないので・・・
レヴールゼロシャンプー+いち髪モイストトリートメントの組み合わせで使っていこうと思います。

肌が弱い人でトラブルが多い人は、レブールゼロシャンプーに自分に合ったトリートメントを組み合わせて使うのもありなんじゃ?

それにしてもひどいトリートメント・・。



そういえば、ノンカチオンといえば。。
アイハーブのシャンプーってほぼノンカチオンじゃない?
ちょっと成分見てみたんですけど、アニオンは入ってますけどカチオンフリーだったりしますヨ。
Shea Moisture, ベビーウォッシュ&シャンプーとか。
Nature's Gate, ビオチン + 竹シャンプーとか。
Everyday Shea, Shampoo & Body Wash, Babies & Kids, Lemon Lavenderなら、ノニオン系界面活性剤1つしか使われていないので、配合されているデシルグルコシド(ノニオン系)やココナッツ、シアバターが大丈夫な人なら使えるんじゃないかな?

低刺激にこだわるとべたついたりスッキリしない、と感じる人もいると思いますけど、どちらをとるかですよねぇ。
肌へのやさしさをとるか、使い心地をとるか。
快適さを求めるなら日本製のアミノ酸系シャンプーでいいんじゃないかな?

私は上記の3点ダメだったので(痒くて)、カチオンフリーでもダメなものはダメですし、できるだけ両性&ノニオン界面活性剤で自分に合うシャンプー探しを続けていこうと思います♪

Everyday Sheaなんてそうとう長いこと使えてたんですけど、急にダメになったんですよねぇ・・
デシルグルコシドがダメなのか、ココナッツかなぁ?

ではでは、レヴールゼロシャンプーのその後の経過をまたレポしますネ

最悪いつかは、クレイをシャンプー変わりに使うしかなくなったりして、と感じている私です


アイハーブでは毎日いろいろなセールを行っています。
今は、コード OMEGAS11 を使用すると フィッシュオイル & オメガ (EPA DHA) のカテゴリが11%オフに!
更に 11%の ロイヤルティクレジット も注文するたびにもらえます。
終了日: 20 時間 : 33 M
オメガ3を飲んでいる人にとっては朗報ですネ♡


今日もご覧くださりありがとうございます
次回もぜひご覧ください♪
















関連記事

0 Comments

Leave a comment